2017/06/21

万が一に備えての「お薬手帳」と「緊急情報」



先日、家で寝ようとしていたところ、アナフィラキシーが起こり、
そんなことは初めてだったので、救急車を呼んでいいか迷いました。
救急相談窓口「#7119」(成人用)に夫くんが電話をしてくれ相談したところ、
救急車を呼んでくださいとのこと。救急搬送されました。

家からの搬送だったので、お薬手帳を準備し、アレルゲンと思われる物の成分表なども持っていきました。
筋肉注射や点滴など対応していただき、ことなきを得たのですが、
救急のドクターからは、アナフィラキシーは生死に関わるのでなめたらいかんよ(意訳)と言われました。

その際にお世話になった救急隊員・病院の方々ありがとうございました。

今回は家で起こったので夫くんに対応してもらったのですが、
アレルギーをお持ちの方は出先で一人の時など不安ですよね。
お薬手帳も忘れることもあるだろうし、そもそも持っていないという人もいると思います。

万が一にそなえて(実際私も自分に起こるとは今まで思ったこともなかった)、
救助者が要救助者の個人情報を一通り把握できるようにする「緊急情報」の表示機能が
Androidのスマートフォンに追加されています。
※私はAndroid所有者なので詳しくはわかりませんが、iPhoneiPod touchは、
 iOS8以降の標準の「ヘルスケア」アプリ内にある「メディカルID」というものがそれに該当するようです。

私はAndroidのスマートフォンをパターンでロックをかけているのですが、
ロック画面で解除しなくても、名前や住所、電話番号、生年月日、血液型、アレルギーの有無、
緊急時の連絡先といった情報を確認できるようになっています。





緊急情報は Android の設定メニューの「ユーザー」「緊急情報」から登録することができます。

Xperiaシリーズをお持ちの場合は、電話帳に「In Case of Emergency (ICE)」(*のようなマーク)から登録できます。
「電話帳」アプリを開くと、自分の連絡先の上に「In Case of Emergency」という項目か*のようなマークがあります。

















  
一度、緊急情報を登録すると、ロック画面の「緊急通報」の画面から情報を閲覧することができます。

























周りにこのこと事態知っている人がいないので、救助者が必ずしも見るとは限りませんし、
救助専門家は見たとしても情報を鵜呑みにするとも思いませんし、
 ロック画面から簡単に情報を見られることを考えると、悪意のある第三者に見られたり、
落した時のことを考えると「個人情報」という点で不安になると思ますので、
個人の責任で登録するかしないか考えるしかないですね。

ただ、今回まさか自分が救急搬送されるとは思わなかったので、
学んだことは
  1. 救急車を要請していいか迷った時は救急相談窓口「#7119」に相談
  2. お薬手帳は活用して、持ち歩くことも大切
  3. スマートフォンに「緊急情報」が登録できる
  4. 自分が救助者になった場合、「緊急情報」登録してる人がいるかもしれない
そんなところですかね。

2017/02/11

2017年手帳事情 ■プライベートの巻■



こちらも2017年は「ほぼ日WEEKS」に。
家計簿用に半額で買った数日後にまだ残っていたので、本体とカバーを半額で購入。

カバーはいらないかと思ったけど、持ち歩くとするとペン差しがないのは不便。
カバンの中で開いてしまうのも嫌で、カバーのマーキングフラップを改造してバタフライストッパーした。
(実際改造作業したのは手先が器用な夫くんにしてもらった~)

LAMY2000 4色ボールペン(替芯は他のメーカーのものに交換済)を使用。
:仕事
:自分
:重要
:そのほか で色分け。

月間ページ左の余白は行きたい展覧会などの開催期間など記入(or)しておく。
右下の余白のチェックボックスを活かして、その月内にやりたいことをメモ。
※たとえば歯医者に行くとか…。←なかなか行けていない

日付の横の余白には記念日や誕生日などを記入(oror)。
日々のボックスはマス目が縦7マスあるので、上2マスは仕事の予定、
中3マスは自分の予定、下2マスは夫くんの予定を記入。
月間ページには予定時間は書かない。目次的な使い方で予定のあるなしの把握だけ。

予定の順番、上3マス自分で、中2マス仕事にしたほうがいいような気がしてきたけど、
予定が入る時間帯を考えると、上が仕事のほうがいいような気もするし…。
色分け記入をしているので、順番はこだわらなくてもいいんだけど。

週間ページは、最初から印字されている点を活用して1:2に分割。
左1は予定の詳細(時間や場所)を記入する場所に。その横2は日記等。
右のページは思いついたままメモ。気になった言葉や思い出したことなど。
右下の空白欄にはできればその週に買いたいものメモ。

縦長の「ほぼ日WEEKS」を横にして、バーチカルぽくライフログを付けようかと思ったけど、
記録するならかわいくて購入してしまったSuicaペンギン手帳に記入すればいいやと。
Googleカレンダーでもアプリ連動でライフログをつけてるし、Googleマップでも行動記録できているからいいか。
後々検索したいときものはクラウドサービスが便利だと思う。

巻末の方眼ノートには、欲しいけど値が張る物(南部鉄器やかんとか国産山葡萄カゴとか)を記入。
あと「やりたいこと100」をがんばって書いている途中 ←こういうの書くのはすごーーく苦手!
連絡先リストには家族の携帯番号記入したよ。通常は携帯見ればいいからそらで覚えてないしね。

出先で記念スタンプがある場合は、トラベラーズノートパスポートサイズの専用ノートに押していたんだけど、
先日お出かけ時に忘れてて、「ほぼ日WEEKS」巻末ノートに押したよ。
「ほぼ日WEEKS」はチケット挟むのにちょうどいい大きさだから持って行ってた。
「ほぼ日WEEKS」にパスポートサイズノートを挟めても微妙にはみ出すのよね。

インスタグラムとかみると、みんなカフェで手帳時間をとったりしているけど、
私はカフェで長居できないの、なぜか…。
カフェ好きなのに、行きたいと思うのに、なぜか長居できない。
飲み物ごくごく飲んじゃう。のどが渇いてるときに行くからだろうか。
混んできたりすると長居してると迷惑じゃないかな、とかそわそわしちゃう。

あ、これも「やりたいこと100」に入れておこう。

2017/02/10

2017年の手帳事情 ■家計簿の巻■


結婚してすぐアプリとPC同期できる家計簿で記入していたけど3年付けて大体把握したし、
そのアプリが廃止されたのをきっかけに家計簿をやめた。
が、共働き子供なしで(いわゆるDINKSです)お互いの収支をはっきりさせようと家計簿を再開しようかと、
「ほぼ日WEEKS」が会社近くの書店で半額になっていたので購入。

うちは夫くんが家計を管理してくれています。
私はどんぶり勘定だし()、自分でしないと落ち着かないらしい。

派遣で働いている私は収入が安定しないけど、一定額を夫くんの口座に入金。
夫くんの口座から諸経費(家賃や水道光熱費、通信費や車の維持費)は引き落とされる仕組み。
貯金も夫くん任せ。


食費等の生活費は私持ち。被服費なども私が買うことが多いかな。
携帯は各自でカード支払(それぞれ親の携帯代負担しているので)。
本当はカード払いできるものは一括で払った方がポイントもたまるだろうし管理しやすいんだろうけど。

予定はGoogleカレンダーで共有が基本。
更新料や火災保険料等、忘れがちなものはGoogleカレンダーに入力。
ゴミ捨て日等も入力(収集の休みとかあるので年初めにくる行政のカレンダーを確認して)。

「ほぼ日WEEKS」の月間カレンダーには、固定費(家賃・水道光熱費・通信費等)を記入。
各自支払の携帯代もここに書こうかな。

週間ページは、最初から印字されている点を活用して3分割に。
左から、予定(予定がかわかれば金額が多くても納得できる)・生活費(食費・日用品)・その他を記入。
家計簿としてはざっくりしすぎの2種類にしか分けていない。

右のメモページは縦ラインを活用し、自分・夫くん・集計・雑記(夕飯のメニュー等)を記入。
金額は10円単位で四捨五入くらいの感覚で。残金を合わせてはいないから。
「ほぼ日WEEKS」で家計簿をつけはじめたときは、項目が定まらず医療費を別にしてみたりしたけど(夫婦共々毎月必ず病院に行かなきゃいけないので)、
一番の目的は全体把握できればいいんだったと項目を絞った。

元々買うものはGoogle KEEPで共有していたので特に記入することはない。
家計簿は基本家置きで持ち歩かないので買い物リスト書いても見れないしね。

生活費は週単位で予算たてることにした。せっかく家計簿に「ほぼ日WEEKS」使ってることだし。
荷物を増やしたくなく、今までは自分の財布で一緒にしていたが、予算分を入れた財布を別に持つことに。
週末に外食できるかできないかは週中の節約によるところが大きいかな~。
余剰金は次週に廻さずストックしておいて結婚記念日等豪華にしたいとき用に貯金しようかと考え中。

ノートページは電気代・ガス代・水道代を月毎に簡単な表にして集計しておこうと思う。
季節で使用料が変わるから今後の参考に。

あとお互いの緊急連絡先を一応書いておく。
別に書いてるものはあるんだけど、目に付くところに置いてある家計簿に書いてた方が緊急時に思い出しやすいかと。
これからいろいろバージョンアップしていく予定。
来年は「ほぼ日WEEKS」を買うかどうするか未定だけど。

2017/02/09

2017年の手帳事情 ■仕事の巻■



派遣で商社での事務職やってます。
毎年、自分が気に入る卓上カレンダーや仕事用の手帳を買っていたけど、
なんだかバカらしくなってきて、仕事用はもらいもので妥協することに。

6段独立の卓上カレンダーでデリバリー等の予定を管理。
日曜始まりしかなかったので、日曜は修正テープで日付を消してメモ欄に利用。
自分が急遽休んだ時に、同僚にもある程度分かるようにしておいたほうが便利なのと、
各取引先や納入先からの問合せ時や変更時等にさっと確認できるように。
なので6週独立は必須。メモ欄が大きくないと書き込めない。
日付を消した日曜部分には、業務上必要な取得した月毎の管理番号(連番で増えていく)も記入。
共有する番号ではないけど、番号のダブりはNGなので。

各自の予定は、Microsoft Outlookの予定表で共有していて、
営業職は会社貸与のiPhoneで確認・入力できるはずなんだけど、
5人いる営業職はどの人も機械音痴なのか面倒なのか活用されておらず。

ただ私的には、自分の課内だけでも快適にしたいので、上長の了解を得たうえで
Microsoft Outlookの予定表の権限を事務職に与えて代理で入力できるようにしたり、
便利機能等はマニュアル作成して課内にメールでお知らせして周知している。
本来しなくていい仕事なんだけど、便利なほうがいいしねー。

キーボードトレイを会社に買ってもらって使用中。
電子化されておらず社内ルール上なんでも紙に捺印しておかないといけないので、とにかく書類が多く、保管場所も少ない為、机が狭い。

キーボードトレイの上に、システム会社からもらったNOLTYの手帳を使用。
2016年は‘午後の紅茶’キャンペーンで当たった「ほぼ日WEEKS」がその役目だったけど、
システム仕事からもらった手帳の方が少し大きめで方眼だったので2017年はこちらで。
市販には売ってないタイプみたい。裏表紙にも品番書かれていないし。
NOLTYリスティ2」のフォーマットが似てるけど、月間ページが違うし、
週間ページも前後カレンダーがあるかないか違うし、大きさも微妙に違う。
A5より横が少し小さめで全部方眼タイプ。使いやすい。
月間ページは横罫タイプの月間なので使用していない。ブロックタイプがいいな。

週間ページはレフト式で、時間軸が8時から21時まで印字してあるけど気にならない程度。
日付の下に余白があるので、各締日など記入。
時間軸は無視して、当日に行うこと、会議や打ち合わせの予定を記入。
仕事が終わった後に、あとでわかるようにその日に決定した事項、連絡したこと等記録。
定時で終わらせるのが仕事と思っているので、ほとんど残業しないのだが、
イレギュラー発生時等に残業した場合退社時間記入して勤怠管理。
土日は休みなので日付を修正テープで消して、その週に完了すればいいかなくらいのToDoを記入。次週に持ち越すときは、週末に次週の土日欄に転記。

右の方眼メモページの上部に、先月・当月・来月のカレンダーが印刷してあるので便利。
メモページはその週に受けた電話のメモや指示など、なんでも記入。
やることだった場合は完了したら線で消し完了した日付入れておく。
人からもらった付箋やメモもそのページに貼っておく。

後ろのノート部分のページは、7システムのIDPWを記入。
PWは周期的に変更しないといけなく5回前まで同じもの不可なので。
もちろんPWは全部記入ではなくヒント程度に。もう覚えきれない年齢なので…orz

あとは会議や打ち合わせなどに議事録に1回につき1頁以上使用で。
同じページに違う会議などは記入しない。

なにか打合せに呼ばれたらこの手帳のみ持っていく。

2017/02/08

ライフログをとりはじめました



NasuLogger」というアプリを使用して
 Googleカレンダーライフログ用のカレンダーを作って同期しています。

Googleマップの「タイムライン」でも記録しているけど、
「タイムライン」は今のところどこにも同期できないので。

アプリを起動しないといけないけど、アプリの動作は軽い。
起動忘れて記録忘れたときはGoogleマップの「タイムライン」であとから補足すればいいし。
後々検索できるのがいいね、Googleカレンダーに記録しておくと。
予定と一緒に確認することもできるし。
 

NasuLogger」というアプリを使用している人のブログ検索してみると
体重を記録してる人もいた。
なるほど。それもありかも。
使い方によっては、収支記録にも使えそう。

NasuLogger」というアプリの作者HP⇒麗の小屋